キーワード選定は、慣れるまで自分でやる!(外注しない)

作業の工程の中で、まず初めに行う「キーワード選定」は、慣れるまで自分でやってみるのが良い
とマニュアルで書いてありました。

そこで、外注さん用のマニュアルに沿って自分で挑戦です。(5月9日より)

慣れてきたらキーワード選定も外注に出しますが、外注さんが実際どのように作業するかイメージ付けておいたほうがいいですからね。

キーワード選定作業の流れ

キーワード選定の流れは3段階です。

1)テーマを集める
2)キーワードを拾う
3)検索需要のチェック(使えるキーワードか)

■イベント系キーワード

12ヶ月、春夏秋冬のイベントを書き出す

例)4月・・・入学、入園、新生活、お花見など

ブログの履歴もない場合はパワーが弱く、記事書いてもすぐ評価されません。
だいたい、3ヶ月位はアクセスもほとんどないと言われます。(記事数や投稿頻度にもよりますが)

ですので、季節性のあるキーワードの場合は3~4ヶ月先のネタを仕込む感じになります。

今は5月なので、これから書くなら夏の終わり~秋の話題がいいでしょう。

  • 残暑見舞い
  • 防災の日
  • 彼岸・お墓参り
  • 運動会

といった感じでしょうか

それと、イベントに関連するキーワードや、
派生するものをひねって考えるといろいろ思い浮かびます。

「運動会」なら
騎馬戦、玉入れ、バトン(リレーの)
など、連想ゲームの要領ですね。

行事の名前そのものだと、ライバルが強いケースも多そうですからね。

■季節問わず検索されるキーワード

もう1つは、時期や季節に関係なく検索されること・モノなどのワードです。

日常生活の疑問や悩みを解消するようなテーマです。

ブログを呼んでくれるのは女性が多いですので、家事や育児に関するネタは鉄板ですよね。

ヤフー知恵袋などの悩み解決系のサイトを見てみるといいそうですよ(p_-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする