Googleアドセンスに警告が!sellers.json ファイルに販売者情報を公開とは?

グーグルアドセンスの管理画面には、運営上の注意事項や連絡事項が表示されますね。

先日、「sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします」という警告がありましたが、簡単に退職できましたので手順をお知らせします。

アドセンス画面の警告文をクリック

Googleアドセンスの管理画面で、上の方に警告の文章が出ているでしょう。

「Google の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。[アカウント設定] ページで、現在の公開設定のステータスをご確認ください。」という部分ですね。こちらの「操作」の文字をクリックしまします。

すると次のような登録画面になります。

「販売者情報の公開設定」を更新


サイト運営者ID、お客様IDは記載されているので、そのままでOK。「販売者情報の公開設定」の部分を更新します。

販売者情報はを公開するときは「非機密」、公開しない場合は「機密」を選びます。

「非機密」を選んだ場合は下記の「ビジネスのドメイン」欄に販売者情報のわかるサイト(ブログ)のドメイン名を記載します。

サイトのURL(https://****.com/)だと弾かれてしまいます。ドメインですので「****.com」だけで入力します。

公開設定ステータス機密・非機密の意義は?

「公開設定ステータス」の「機密」「非機密」とは要するに、媒体の運営者の身元を公開するか否かということです。
広告出稿に際して、広告主が「誰が運営しているサイト知りたい」という要望に応えるため、と思われます。

当然、全うにサイトを運営して身元を公開している媒体に広告を出したいでしょうし、公開しない販売者には広告が配信されない、もしくは広告料が低くなっていくと考えられます。

アドセンスのメルマガで知りました

この「sellers.jsonファイル」の警告ですが、実は2日前くらいに気づいたのですが、そうすべきかよく分からず。
ネットに情報が出てから対処しようと思っていました。

解決したのは、エクアド教材の英男さんのメルマガで、こちらの解説がされていました。アドセンスの収益にも関わってくるかも知れませんので、早めに対処しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする